スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ロッキンブロードウェイ

日曜日は群馬でライブでした。
久々の伊勢崎!!蘇る記憶。

ロッキンブロードウェイといえばロードムービーとして公開されて
その主題歌をGYPSY VAGABONZで担当しました。
出演もしています、劇中歌も幾つか手がけました。


その監督であり、ヴァガゴロジー、BOOM BOO、マトリョーシカのMVを
撮影&ディレクションしてくれたTERRYさんが一昨年の年末にこの世を去りました。
まだ信じられないくらいですが、先日のライブでTERRYさんがもういないんだという実感が。


ステージでは絶対泣かないぞと固く決めて。
それでも泣きそうになってしまったけど....
終わった後はTERRYさんが見守ってくれた感じがしてすぅーっと緊張がとけて
涙が自然に出ていました。



この日のステージはバイオリン田中さんがインフルエンザにかかってしまい
急遽3人編成での出演だったんですが...
子供達が一番前で超ノリノリで聴いてくれて
さらに大人たちも真剣に音楽を聴いてくれてる印象で。


なんだか包まれてる感がありました。


ヴァガゴロジーMVに出演してくれた子供達、
それから8年位前にTERRYさんつながりで結婚式で演奏させていただいたんですが
その夫婦の子供たちがすっごく楽しく聴いてくれて感慨深かったです。


次世代につながる音楽、
ずっと音楽を続けて、
また会おう。


TERRYさんの最後のメッセージ。



ずっとずっと胸に残っています。




そして、映画監督であったTERRYさん。
『映画は映画館で見るように作ってるからなるべく映画館に足を運んで観てほしい』
これはだいぶ昔に話してくれたことなんですが今も心に残っています。




お別れは悲しいけれど、それ以上にこの人と縁できてよかったとこころから思いました。
それから仲間のみんなもとーーーってもいい人で、
この人たちと作品が作れて最高に幸せだなと思いました。




そんなわけで、
これからも全力で音楽をがんばろうと改めて思った夜。
TERRYさんに最大の感謝を込めて。







ヴァガゴロジーMV




愛が溢れています。






スポンサーサイト
.31 2018 日々 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

GYPSY 秀子。

Author:GYPSY 秀子。
秀子です。
GYPSYVAGABONZの唄とフルートと作詞作曲を担当。
マカフェリギターの弾き語りを最近はじめました。
女子18人ビッグバンド「たをやめオルケスタ」唄とたまに作詞作曲

出身:北海道
血液型:A型

高校卒業後、富良野塾のオーディションを突破し18期生として入塾。
作家 倉本聰先生のもとで2年間役者として舞台に立ったり裏方をしたり農作業、家事全般まで学ぶ。『屋根』全国ツアーに参加。

在塾中にジャズ歌手の歌を聴き衝撃を受け、歌手への道を志す。
卒塾後、尊敬する歌の師匠に出会う。ジャズを学びながらコーラスグループに所属し札幌を拠点に北海道各地でライブ活動をする。


その後上京。
2005年GYPSYVAGABONZ結成。
ドラムレスのジャンゴラインハルトでおなじみのジプシージャズスタイルでありながらもオリジナル曲を中心に演奏する現在のバンドのスタイルを時間をかけて作り上げる。

2010年女子ビッグバンド「たをやめオルケスタ」にVOCALとして参加。


バンド活動他、PV出演(若旦那、在日ファンクなど)、ヴォーカル講師(高井戸音楽教室)、各種レコーディングやCMソング歌唱(Panasonic beauty)など幅広く活動中。

***お仕事のご依頼は
hidekko888@gmail.com までお願いいたします。



2014年よりvintage clothes VAGABONZ をopen!!
webにて1910's~70'sまでのvintage衣装を自らアメリカへ行ってセレクト、買い付けして
販売している。衣装スタイリングやレンタルなどもしてます。




着物やアンティーク、ヴィンテージが大好きです。
くだらないことからまじめなことまで綴っています。
質問、コメントなどお気軽に~♪



月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。